水カン・コムアイとオオルタイチの新ユニットが初ワンマンを開催、リキッドルームの中心に屋久島が出現?

2019年8月23日 13:13
YAKUSHIMA TREASURE ワンマンライブ 恵比寿リキッドルーム

水曜日のカンパネラとオオルタイチが共作したEP「YAKUSHIMA TREASURE」をきっかけに始動したニュー・プロジェクト、YAKUSHIMA TREASUREが同名義としては初のワンマンライヴを恵比寿リキッドルームで行なった。

先のEPでは屋久島で録音したさまざまな生物の鳴き声やサウンドスケープ、島民たちの声を散りばめながら、独自の音楽世界を描き出していたが、その世界がどのように再現されるのか、開演前から会場いっぱいに期待感が広がっていた。
 

YAKUSHIMA TREASURE ワンマンライブ 恵比寿リキッドルーム


まず驚かされたのがステージの配置。フロアの真ん中に小さなステージがセッティングされ、その上には屋久島をイメージした草木が配置されている。観客はそのミニチュア版屋久島をぐるりと取り囲む形で観覧する配置となっている。普段のリキッドルームとまったく違う光景に、観客たちが目を丸くしていたのが印象的だった。

開演予定時刻をわずかに過ぎたころ、和紙で作られた衣装に身を包んだコムアイとオオルタイチが登場。小鳥たちとカエルたちの鳴き声に続き、アイヌのウポポ(伝承歌)である「オロロピンネ」でこの日のステージは幕を開けた。それに合わせて客電が落ち、会場は漆黒の闇に包まれる。
 

YAKUSHIMA TREASURE ワンマンライブ 恵比寿リキッドルーム


先のEPにも収められていた「地下の祭儀」からいよいよディープな世界に突入。さまざまな音・声がエレクトロニクスやノイズ、ビートと絡み合いながら、「島巡り」から「殯舟」「東」と、EP収録曲がシームレスに披露されていく。まるで音による屋久島探訪といった雰囲気だ。コムアイの歌声も水曜日のカンパネラのとき以上にシャーマニック。土着文化に対する彼女の愛着が普段以上に前面に出ており、架空の部族の儀式を見ているような感覚に陥る。

民謡のようなフレーズが楽しい「屋久の日月節」が終わると、花道家の上野雄次が大きなビニール袋を担いで登場。袋の中身をステージ中央に撒き散らしながら、次第に巨大な山を作り上げていく。コムアイとオオルタイチはその山に埋もれるようにパフォーマンスを繰り広げていくのだが、その光景はひとつの島が誕生するプロセスを目の当たりしてしまったような、摩訶不思議なものだった。
 

YAKUSHIMA TREASURE ワンマンライブ 恵比寿リキッドルーム


アカペラで歌われる「愛しいものたちへ」「宮之浦の子守唄」に続いては、水曜日のカンパネラのレパートリーである「ユタ」も披露。この日最大の盛り上がりを見せると、「パンニャ」と静かなインプロヴィゼーションによって約90分のライブは幕を下ろした。

この日の音響はサウンドエンジニアとしてさまざまなアーティストから信頼を得ている葛西敏彦が担当。久保二朗(acostic field)がサラウンドの音響システムを構築した。高田政義の照明も含め、聴覚と視覚を存分に刺激する素晴らしい音楽体験となった。
 

YAKUSHIMA TREASURE ワンマンライブ 恵比寿リキッドルーム


なお、YAKUSHIMA TREASUREはこの後さまざまなフェスティヴァルを回る予定だが、ライヴハウスでワンマンをやる予定は今のところない。そうした意味でも、極めて貴重な一夜であったことは間違いない。今後のYAKUSHIMA TREASUREの活動に大いに期待したい。

文:大石始
Photo by Saki Yagi

セットリスト
M1. オロロピンネ
M2. 地下の祭儀
M3. 島巡り
M4. 殯舟
M5. 東
M6. 屋久の日月節
M7. 愛しいものたちへ
M8. 宮之浦の子守唄
M9. ユタ
M10. パンニャ