山崎まさよし主演の映画『影踏み』魅力的な俳優陣の姿を初公開

2019年7月18日 19:00
映画『影踏み』© 2019「影踏み」製作委員会

『64ロクヨン』『クライマーズ・ハイ』などで知られる作家・横山秀夫の『影踏み』(『祥伝社文庫」)。監督に「花戦さ」の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定した。

本作のはじまりは映画『月とキャベツ』(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬・中之条町。同作がきっかけとなり始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016年にゲストとして参加した山崎、篠原監督、横山氏が運命的な出会いを果たす。

もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像化困難とされていた小説『影踏み』の映画化が発表されることになる。

山崎は『8月のクリスマス』(05)以来、約14年ぶりに長編映画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約22年ぶりのタッグ結成となった。

今回解禁されたのは、14年ぶりに映画主演を務める”泥棒(ノビ師)”真壁修一役の山崎まさよしと、今年から来年にかけて数々の映画に出演しひっぱりだこの北村匠海が、修一の相棒であり弟でもある啓二役で共演するカットを含んだ計6枚の場面写真。
 

映画『影踏み』© 2019「影踏み」製作委員会


主人公の修一とは恋仲の関係にある久子役を演じた尾野真千子。その久子に想いを寄せる謎の男・久能を演じる滝藤賢一。一癖も二癖もありそうなバッタ屋・大室誠役の中尾明慶。そして神妙な顔をして黒板の前で教鞭をとる大竹しのぶといった、日本映画界が誇る名優たちが名を連ねる。

さらに修一と啓二が自転車を二人乗りするノスタルジックな1枚や、闇を一身にまといながら歩く修一の1カットは、本作品に一貫して漂うアンダーグラウンドな世界観を象徴しており、登場人物それぞれの謎に包まれたキャラクター性と本作の展開への期待をより一層高めている。

© 2019「影踏み」製作委員会