ウルフルズ新AL曲が今週1位、2019年上半期は“各方面で売れたアーティスト”が上位を占拠【エアモニ】

2019年7月3日 18:55

今週、2019年7月3日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年6月24日〜6月30日 プランテック調べ)では、ウルフルズ「ワンツースリー天国」が1位を獲得した。

収録されるニューアルバム「ウ!!!」の6月26日リリースを受け、既に先行配信されていた同曲のオンエア数が先週から4倍近くへ急伸。FMを中心に全国広い範囲のステーションからのバックアップにより、先週21位から一気に首位へと上りつめた。ウルフルズの地元・大阪を中心とする関西エリアでのオンエアが一段と多いのも印象的だ。

2位はサカナクション「忘れられないの」が先週1位からのダウン。アルバム「834.194」のリリース(6月19日)週が過ぎ、さらにはオンエアが約束されたパワープレイへの選出がないなか、依然として大量オンエアをキープしている点はさすが。リクエストも今週最多で、高い次元で需要と供給のバランスがとれていることが窺える。ラジオオンエアのみならずセールスの方もまだまだ積み上げそうだ。

3位は弱冠16歳、話題の新人ラップアーティスト“さなり”の「嘘」が死守した。多数局でパワープレイに選出されていることで、今週も大量オンエアを維持したかっこうだ。次週以降、オンエア数は減るものと推測されるが、次の一手をどう出るか引き続き注目したい。
 

【週間】RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2019年6月24日〜6月30日)
1. ワンツースリー天国 / ウルフルズ
2. 忘れられないの / サカナクション
3. 嘘 / さなり
4. 宿命 / Official髭男dism
5. ナナナナナイロ / Perfume
5. 優しいあの子 / スピッツ
7. Frozen / FOMARE
8. 夏のどこかへ / WANIMA
9. ユー・ニード・トゥ・カーム・ダウン / テイラー・スウィフト
9. アイ・ノウ・ハウ・ユー・フィール / メイヤ

 

2019年上半期オンエアチャート、各サービスで“売れた”アーティスト達が上位を占拠


先週末に発表した2019年度上半期オンエアチャートでは、各々の音楽サービスで良く聴かれたアーティスト達が上位に顔を連ねる結果となった。

堂々1位はONE OK ROCK「Wasted Nights」で、アルバム「Eye of the Storm」からの一曲だ。世界標準へと進化を遂げた同アルバムのサウンドは随所で話題となり、2月にリリースされるや大ヒット。また、映画「キングダム」主題歌となった同曲は、今も一定数オンエアされる人気曲となっており、現在の音楽シーンで必要な“長く愛される曲”としてラジオでも重宝されている。

2位の「ハルノヒ」あいみょんは4月リリースのシングルで、「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」主題歌へ書き下ろした曲。2月にはアルバム「瞬間的シックスセンス」をリリースしており、同アルバム曲およびブレイクソングとなった昨年リリースの「マリーゴールド」(23位)ほか、全5曲がTOP200にランクインした。同じく関連曲が上位に顔を揃える各ストリーミングサービスでのランキングと同じ傾向にあるのも興味深い。

3位の「HAPPY BIRTHDAY」back numberは2月リリースのシングル。ドラマ「初めて恋をした日に読む話」主題歌としても注目を浴びたが、back number自体の根強い人気ぶりが上半期最多となるリクエスト数に表れている。CD、配信、ストリーミング各面で聴かれるバランスの良さにも通じる結果だろう。

4位は今年ブレイクスルーを果たしたOfficial髭男dismの「Pretender」で、こちらもストリーミングサービスで売れた曲。5位の「Pop Virus」星野源は同タイトルのアルバムが圧倒的なCDセールスを記録した。

そして6位のEveは、2月リリースのアルバム「おとぎ」に合わせてラジオ露出を強化しゲスト出演も多々見られた。4月にはYouTube公式チャンネルの登録者が100万人を越え、現在は114万人以上。米津玄師:388万人、メンタリスト DaiGo:105万人という数字を見ればこの数字がいかなるものか分かるだろう。

一方、TOP10外も興味深いラインナップとなっているのがラジオ・オンエアチャートの特徴だ。注目のミニアルバムを発表したTHE CHARM PARK(12位)や、「白日」が今週で連続20週目のチャートインという驚異的な長期オンエアを記録しているKing Gnu(13、14位)を筆頭に、SIRUP(18、55位)、Neighbors Complain(29位)、Mrs.GREEN APPLE(34、56位)、Kitri(46位)、NakamuraEmi(52、155位)、go!go!vanillas(53、145位)、DYGL(54位)など、ネクストブレイクアーティストが目白押しとなっている。今年後半、どのアーティストが頭一つもしくは二つ抜き出てくるか、期待しながら見守りたい。

 

【2019上半期】RADIO ON AIR DATA

1. Wasted Nights / ONE OK ROCK
2. ハルノヒ / あいみょん
3. HAPPY BIRTHDAY / back number
4. Pretender / Official髭男dism
5. Pop Virus / 星野 源
6. 僕らまだアンダーグラウンド / Eve
7. ナウ・ザット・アイ・ファウンド・ユー / カーリー・レイ・ジェプセン
8. サンキュー、ネクスト / アリアナ・グランデ
9. Sweet and Sour / Nulbarich
10. シャロウ〜「アリー/ スター誕生」愛のうた / レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。