GLAY、新曲「Into The Wild」がSUBARU「レヴォーグ」CMソングに決定

2019年6月24日 11:16
GLAY

GLAYの新曲「Into The Wild」がSUBARU「レヴォーグ」のCMソングに決定した。

来る2019年6月26日に令和初となる全国ホールツアー「GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL-令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE」の最終公演を迎えるGLAY。5月にはデビュー25周年を迎え、「GLAY DEMOCRACY」のテーマの下に、7つの公約を掲げて活動している最中での、新曲の発表である。

7月2日にはシングル「G4・Ⅴ-Democracy 2019-」の発売も控えており、まさに25周年イヤー止まることなく走り続けていると言っても過言ではない。

新曲「Into The Wild」は、そんなGLAYがSUBARU「レヴォーグ」のCMのために書き下ろした楽曲だ。「人生を走ろう」をテーマに制作されたCMに、更なる疾走感を感じさせる、弾けるようなギターサウンドが印象的な楽曲となっている。なお「Into The Wild」の発売は未定である。

GLAY・TAKUROコメント
関係者の皆様、この度はSUBARU・LEVORGの素敵なCM音楽の制作依頼を頂き誠にありがとうございました。

Into The Wildは「人生を走ろう。」というコンセプト、イメージの元、先に頂いていた絵コンテを見させて頂きながら一から描いた楽曲になります。

レコーディングに関しては、ここ最近の制作フォーマットとなっているDEMOを膨らませていくやり方ではなく、古くから一緒に楽曲を作ってきたチームで、スタジオに入った瞬間、全員で一気に作り上げていくという、初期衝動を大事にしたレコーディング方法をとり、作り上げていきました。最初から最後まで楽しく、刺激のあるセッションとなりました。その雰囲気が楽曲にも反映されていると思います。

このCMを見てくれた人達の冒険心に火を灯す事ができれば、僕ら音楽家にとって、最高の栄誉だと思います。改めて今回のプロジェクトに参加させていただきありがとうございました。