YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)の対談が公開、超マニアックリスナー同士のディープなYMO談義が止まらない

2019年6月21日 12:30
YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)の対談が公開

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40(ワイエムオーフォーティー)」のオフィシャル・サイト上に、マルチ弦楽器奏者の高田漣と、バンドodol(オドル)のメンバー森山公稀(もりやま・こうき)のスペシャル対談動画(前編)が公開された。

両者は正月にNHKテレビで放送された「名盤ドキュメント〜YMO“ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー”」でも共演している。

伝説的なフォークシンガーで細野晴臣等とも交流があった高田渡(2005年他界)を父に持つ高田漣は、2002年のソロ・デビュー以来現在までに7枚のオリジナル・アルバムを発表。自身の活動以外にも他アーティストのプロデュース、映画、ドラマ、CM等多方面で活躍中。先ごろも細野晴臣のバンドメンバーとして米国公演を成功裡に終えたばかり。高田が初めてYMOを認識したのは、漫才ブームの1980年、YMOが“トリオ・ザ・テクノ”の名前で漫才番組に出演した時だという。

東京芸術大学出身で、坂本龍一の遠い後輩にあたる森山公稀は、2014年にodolを結成。ピアノ、シンセサイザー演奏と全楽曲の作曲を担当する。odolはフジロックフェスティバルにも2度出演し、新世代の最有力バンドの一つとして注目を集めている。森山がYMOにハマッたきっかけは、中学生の時たまたまYouTubeで目にしたライブ動画だったという。

マニアックな音楽リスナーでもある両者のトークは止まることを知らず、対談時間は当初の予定を大幅に超過。今回の動画も前編だけで20分弱の長尺となった。近日公開の後編でもさらにディープなYMO談義が期待できそうだ。